中沢 かつゆき本文へジャンプ〜みんなの幸せ叶う政治を〜 本文へジャンプ
応援メッセージ!


中沢かつゆきを応援してくださる皆さまからのメッセージ!ありがとうございます。




高市早苗衆議院議員 総務大臣

日本の未来に責任を持てる世代、ともに頑張りましょう!

HP http://rep.sanae.gr.jp/



江 口  恒 明 様 : 観光経済新聞社取締役社長(主筆)

感動・創造の街、鎌倉の未来のため頑張ってください!

大いに期待しています!


HP http://www.kankokeizai.com/



Oさん:雪の下在住

選挙の時だけの公約には皆さん辟易していませんか。結局「あなたも政治家だったね!」という言葉に集約されるように、約束事や自分の都合の悪いことはうまく言い繕い何もしなかった人・・・・・・このような人を政治家だと皆さんは思いませんか?中沢さんは違います
中沢さんはベンチャー企業、を立ち上げました。彼はもともと群馬の政治家一族の一人です。子供の頃から同じ政治家を目指し議員の秘書を努め、本来の政治家「まつりごとを治める」政治家を夢見てきました。しかし中央の政治はきれい事だけでは当選しないまた議席を維持し続けることは難しい現実を見てきたと聞きます。そのような背景から温泉のプロの道を歩き始めました。皆さんもご存じのとおり最近の「温泉」ブームの実は火付け役・・・・それはたまたま温泉のコンサルティングを通じて、あまりにもひどい温泉施設の現状を知り「本来の政治家の魂である“私を殺し公に生きる”」の精神で、温泉業界の改革を行ってきた結果が今日の中澤氏なのです
その中澤氏の目に映る鎌倉市の現状は、「本来の政治家の魂である“私を殺し公に生きる”」市議会議員の現状とはかけ離れていることを自分の娘の保育園、学童保育(中沢さんはシングルファザーなのです)やPTA活動を通じて目の当たり感じてきたのです。今までの経験を生かし、「子育ては地域社会の総合力を上げること」を旗印に、生活密着型の「住みよい鎌倉」を考え、中沢さんとして実現可能な公約をあげています。ただし大きな問題が2つあります。1つは「市議会議員にならなければ実現できないこと」、もう一つは「このような公約は敵が多いこと」です。しかし皆さん安心してください。中沢さんには「本来の政治家としての意志」があります。もう一つは起業家としての経験から、理想と現実のギャップを埋めることができる政治家として「希有」の感覚の持ち主なのです。「悪い意味の政治家らしくない、しかし芯は本来の政治家魂をもっている彼に、私は期待しています。